スポンサードリンク



本物を観る(聴く) プラハ放送交響楽団♪

美味しいものを食べたことがない人には、美味しい料理は作れない。
音楽も然り。

クラシック音楽のプロを目指す人の多くは、留学して、その音楽が生まれた
土地と人に触れ、その曲が生まれた背景を身体で感じて学んで来るわけですが、
作曲家が生まれ育った国のオケは、やはりそこに住む人のDNAというか、、
異国の人間にはかなわない表現力があるなぁ~と感じます。

札幌で仕事をしていた時は、札響の定期会員だったので、毎月定期演奏会を
聴きに行っていましたが、定期演奏会の選曲はマニアックなものが多く、
特に当時は、武満徹とかブルックナーなど、現代チックというか、、、
花音は、いかにもクラシックの名曲~♪という古典派やロマン派が好きだし
毎月同じオケの演奏を聴くよりも、むしろ、2年に1回でいいから、
本場のオケの演奏で、超有名曲を聴きたいと思うようになりました。


ということで、2年ぶりくらいかな? チェコの名門オーケストラ、
プラハ放送交響楽団の演奏を聴いてきました。
曲目は、
交響詩「わが祖国」よりモルダウ/スメタナ、
チェロ協奏曲/チャイコフスキー、
「新世界より」/ドヴォルザーク
という、花音が、めっちゃ好きな名曲ばかりです♪
チェコの土の香りがただよってくるような郷愁が何とも言えません(∇〃)。o〇○

モルダウも祖国愛の曲ですが、「新世界より」もやはり故郷を思う曲です。
新世界とはアメリカ大陸のことで、「より」を省略すると、新世界を称える曲
みたいになってしまいますが、新世界アメリカにわたったドヴォルザークが、
新天地から祖国のボヘミアを思って書いた曲です。


この「新世界より」と、ブラームスの交響曲(1~4)は、もの凄く好きで、
聴いてウットリ感動~♪というより、徒然草を書いた吉田兼好のように、
あやしうこそものぐるほしけれ、、な気持ちになります。
血が騒ぐような、胸がかきむしられるような、、、、とにかく泣けます。。
オケは花音の青春そのもの~♪だから、ということもありますけどね(*^-^*)

アマオケに入っていた時は、プラ1と新世界を弾くまでは死ねない、と思って
いましたが、ブラ1は何度か本番で弾くチャンスがあり満足しましたが、
新世界を弾く機会を逃してしまったのだけが心残りなんですよね、、、
オケの練習に行かなくなってから、今練習でやってるよ~と聞いたのですが、
、、、今世は体力ないので、、来世、金星で弾くことにします☆彡


しかしモーツァルトが天上の音楽なら、チャイコやブラームスは演歌ですね。
サラス(悲しみの惑星)と呼ばれている地球に住む人間が、
哀愁と悲哀にひたり、感情を味わいつくすには最適な曲だと思います。

3次元界に生まれてきた目的は、体積(肉体)を体験すること、つまり
自由からの束縛感、全体からの分離感など、忍耐や孤独を味わうこと自体が
生まれてきた目的だとすると、それらのネガティブな感情をとことん
味わって毎日耐えて生きて行くだけでも、充分に目的は果たせたとも
言えると思います。
そして、その体験の辛さを緩和し昇華してくれるのが、音楽だと思います。
悲しみすらもキラキラと美しく感じられ、魂は浄化されていくようです。

ネガティブな感情は、闘ったり、どこかへ押し込めたりするのではなく
そのまま、ただエネルギーの流れとして味わいつくせばいいのですけど、
つい、そのことを忘れて、感情をコントロールできなくなってしまうのが
これまた、人間としての弱さであり、楽しさでもある、、とも思うわけで、
そんなときは、やはり、本物の音楽を聴いて癒されるのが最高です♪

生演奏は、耳に聴こえない周波数のカットもなく、音楽の粒子(エネルギー)と
演奏者と聴衆から発せられるエネルギーが相まって、体内に入ってくるので
素晴らしいパワーと幸せ感が、たっぷりチャージできます☆
ちょー美味しいものを食べた時も、1週間くらい幸せ感が続きますよね~


♪---*---♪---*---♪


ところで、キタラの大ホールとはサントリーホールとは、かなり似ていて
客席数も約2千席で同じくらいなのですが、
サントリーホールに行った時は、
「こんな狭いところにホールがあるの?」と驚きましたが、
キタラは逆に、「こんな広い公園の奥にホールがあるの?」ってな状態で、
今回は、爽やかで気温も最適だったから、公園を散策しつつ歩いて行けましたが、
冬や天気の悪い日などは、ツライです。
SH3E0658.jpg
なんせ、田舎に住んでいたら、2丁離れたコンビニにも車で行きますから、
足腰弱りまくってて、股関節がダルダルになりました^^;

キタラの内装は北海道の木材を使った木造のホールで、トイレのドアまで
木造の曲線ラインデザインになっていて、とても暖かみを感じます。
ホールの音も、とても柔らかくて暖かい響きです。
SH3E06640001.jpg

以前、ピアノの発表会で、キタラの小ホールで演奏したことがあるのですが、
とにかくあそこは、楽屋が素晴らしかったです。
通常のホールと同じく、大部屋はもちろんあるのですが、その他に、
個室がいくつもあって、それぞれの部屋にシャワールームとトイレ、
アップライトピアノ、くつろげるソファセット、ステージが見れるモニターなどが
完備されていて、外とは2重扉で完全防音なので、出番直前まで練習し放題。
大抵のホールでは、指慣らしのために、練習室を自分でレンタルしなくては
ならなかったけど、キタラの楽屋は最高でした☆


♪---*---♪---*---♪


しかし、、、、このところ、めっちゃストレスが多いので、
おちゃけ飲まないかわりに、音楽で気分転換が一番です♪

最近の一番のストレスは、我家にアリちゃん達が逆襲にやってきてることです><;
アリの巣コロリをさっき買ってきて、食器棚の前に置きましたが入ってくれません;;

逆襲というのは、うちの闇の勢力が、ヒマに任せて、道路で一生懸命働いている
アリさんたちに、薬をまくのを日課にしてるんですよ、、、
小さな命を大切に、と言ったり、そんなことしたら絶対に報いがあるよ、、
なんて言っても聞く耳持たず。。。
そしたら、やはり、逆襲にきました、、Σ(゚Д゚|||)
今まで、家の中でアリが発生したことなんて全くなかったのに、
急に、あちこちから出てきてます。。。。(T◇T)

テレビの騒音公害がヘッドフォンで静かになったと思ったら、
今度はアリさんです。。。おそるべし闇の力。。。

人を変えるのは不可能なので、自分が変わるしかない、、、
アリを食べても、死ぬことはないだろうし、、気にしない、気にしない、、、
と、、、忍耐の日々です。。。(-。 -; )

こうなったら、ちょーーー癒されるサウンドを作って、
自分もみんなも、めっちゃ癒されることを願うばかりです♪ヽ(*´∀`)ノ♪


関連記事

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメント

アリと闇の勢力

花音♪様

今回の記事・・・。

>>道路で一生懸命働いていアリさんたちに、薬をまくのを日課にしてるんですよ、、、

>>そしたら、やはり、逆襲にきました、、Σ(゚Д゚|||)

スンマセン、爆笑してしまいました!!(笑)(笑)(笑)

いや~、因果なものです。

アリさん達、完全に闇の勢力の殺気を感じ取っていますよ~♪アリをナメてはいけません。自身の体重の、何十倍のものを運ぶ強力なパワーを秘めています。

復讐に、アリまっしぐら(カルカン風に)

では。

Re:アリと闇の勢力

ウケ狙いじゃなくて、いたって真面目に書いたんですけど~~~^^;
でも、笑っていただけたのなら、それはそれで良かったです(*^^*)

やったことは、必ず帰ってきますからね、、、
おそらく、アリさん達、学習能力が高いので、闇が来たら、
足に登るのが一番安全♪という情報が伝達されたのだと思います。
そして、そのまま、家の中へ入ってくるのでしょうね。。
たしか、像を倒すアリの話なんていうのもあったような。

一列に整列して家に入ってくるアリは、まさにカルカンの世界。
みなもとさんのお言葉が頭に焼き付きました、、アリまっしぐら♪^^;
とほほ。。。。(笑)

同じ穴のムジナ

花音♪様

一番、気が付かないとはいけないのは、

>>小さな命を大切に、と言ったり、そんなことしたら絶 対に報いがあるよ、、

と、闇の勢力に言いつつ、自身も、アリの巣コロリを買ってきて、そのアリさん達を抹殺しようとしていることです(笑)

アリさん「えー!!そんなんアリー!!」

ってなもんです(笑)

それはいけませぬ。

是非、アリさん達には、愛の有るご対応をお願いします♪

ムジナ~♪

「そんなんアリー!!」って言われても、、、ありんす。。^^;
闇の場合は、なんの影響もない道路で働いてるアリさんでしたが、
家の中に入って来られたら、危害があるんですよ~~~(号泣)
「ごめんなさい、どうかお許しください、ありがとうございます、
愛しています」って唱えさせていただいております;;

外の花畑のところにいる巨大なチャーリー(ブラウン色のクモ)は、
愛の精神で、そっとしておいてあげてるんですけど。。。

なかなか、悟りの境地からは、ほど遠いですわ。。。。
まっ、これが3次元地球の人間の弱さってことで、どうかお許しをばm(_ _)m

No title

チャイコやブラームスが演歌というのは笑ってしまいました。
本当にチャイコは悲しみ大好き!いい言葉で言えば、弱いものに対する愛があるのでしょうし、ブラームスは、ループで思考にはまっているっているという感じですね、チャイコは右脳と左脳がミックスされた感じですが、ブラームスは左脳的な感じがします。
ベートーベンは宇宙、バッハは神の平和・調和ですね!

ひろみーなさんへ

ひろみーなさん、はじめまして♪
コメントありがとうございます(*^-^*)

おっしゃるとおり、ベートーベンは宇宙、
バッハは神の平和・調和だと、花音も思います♪(^o^)

ベートーベンは、人類みな兄弟!目覚めよ!
という第9をはじめ、どれも、苦悩から立ち上がる
強力なエネルギーをいただけて、パワーアップできます^^

チャイコは、華やかさと泥臭さの両方を堪能でき、
この世の悲しみをたっぷり味わいつくせて
女性的な愛を感じますね(笑)

ブラームスは、本当に、行きつ戻りつ、やっと行ったか?
と思ったら、また帰ってきたんかい、、の繰り返しですが、
そうしながらも、どんどんエネルギーを溜めていって
最後には、大爆発、完全燃焼~~~!できるので大好きです♪(笑)
(オケの場合です^^)

ところが、ブラ4の本番に友達を招待したところ
感想はというと、「音が多すぎて、よくわからんかった」と。。

ん~~~、たしかに、ブラームスは、各パートが、それぞれ
演歌に酔いしれて熱唱するため、弾く方は大満足なのですが、
聴く方は、ちょっとクドイというか、濃いというか、、
演奏者向けの曲なのかもしれないと思いました♪
Secret



花音サウンド
花音CD・mp3 ご注文

YouTube 花音チャンネル

波動増幅プレート

シューマン波発振器・ソルフェジオ周波数発生器は 現在販売しておりませんm(__)m
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

花音のお気に入り☆
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

スポンサードリンク  


ネイチャーズデザイン ミソス・ゴールデン・グラス(250ml)

黄金比のボディ、底面にフラワーオブライフのシンボル、24金のゴールドを使用。2?3分で高レベルの活性水、高波動の水に。

★☆ おすすめ書籍 ☆★


 
宇宙の基本法は「愛」です


神との対話 宇宙をみつける自分をみつける (ニール・ドナルド・ウォルシュ著)

人生に苦悩しているすべての人へ。自分は無限の存在だったということを思い出せます。


「人生を変える波動の法則」
(ペニー・ピアス著)

変容の時代の生き方がわかる!


借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ [ 小池浩 ]



はじめてのブロック解放CDブック
(鈴木啓介著)

ブロック解放のメソッドを自分ひとりでも無理なく実践できる瞑想CD付き

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

花音♪

Author:花音♪
詳しいプロフィール

タグクラウド

ソルフェジオ周波数 脳波調整サウンド 528Hz 波動発生器 花音CD 444Hz 7.83Hz 4096Hz ヘミシンク 松果体活性化 サードアイ オルゴール モーツァルト 7.8Hz 感想 エンジェルオクターブ シューマン波発生器 体験談 チャクラ活性化 ピンクノイズ 抗うつ効果 ホワイトノイズ 花手毬の挿し芽 ダウンロード リサージュ オシロスコープ 脳波調整サウンド解説 mp3 クラシック グノー 主よ人の望みの喜びよ 抗がん剤拒否 ステージ4 バッハ ハートチャクラ パッヘルベルのカノン せせらぎ 完治 8Hz アヴェ・マリア DNA活性化サウンド 4Hz 音楽 遠隔透視 甘麹の作り方 Hemi-Sync ハートを開く528Hz 位相 チャクラ活性サウンド 音叉ヒーリング エルガー DNA刺激&活性化サウンド 愛の挨拶 DNA修復サウンド MP3プレーヤー ゴーイング・ホーム 自然音 無料プレゼント フィギュアスケート 断捨離 病気にならない生き方 羽生結弦 ミニシクラメン 速聴 チャクラ活性化サウンドCD 倍音 波動療法 マージョリー・オローク 骨伝導スピーカー 174Hz 285Hz 振動スピーカー クリスタルチューナー ソウル*スター 金のなる木の挿し芽 聖なる予言 全チャクラ対応 ソルフェジオ発振器 クラシックオルゴール シューマン共振 波動を上げる音楽 睡眠用 炊飯器で作る 夢想 ドビュッシー ハープ 第3の目を開く 覚醒 528hz 発振器 シューマン波発振器 エンジェルチューナー アワの歌 DNA修復 チャクラ瞑想 チャクラ曼荼羅  

アニメのBGM