スポンサードリンク



闇に気づくことが重要

今年も、いよいよ、残すところあと数時間ですね。
この1年、お世話になった方々には、心よりお礼を申し上げます。

思い返せば、去年の7月あたりから、今までとは大きく変わった
流れが起こり、そして、今年は特に、沢山の素晴らしい方々との
出会いに恵まれた奇跡の年でした。

それと同時に、世の中の変化も目まぐるしいものがあり、
特に、闇の存在が、露骨に表面化してきたことを感じます。

原発は、自民党が過去に安全神話をでっち上げて推進してきましたが、
今回は再び政権を握ることで、また、原発推進をしようとしています。
政権を取ったら原発推進するという約束で、裏で100億円とも言われる
資金が動いたわけですから、当然の流れです。

環境(破壊)大臣の石原氏の
「原発ゼロは、現実的ではないので白紙に戻す」
という発言を、知らない人も多いと思います。

マスコミもすべて、闇の勢力に操られていますから、
情報は都合よく捏造されています。
大規模な原発反対デモなどが行われているというニュースは
テレビではほとんど放映されないかわり、
殺人事件などをトップニュースとして報道して、ひたすら、
国民の意識レベルが上がらないように仕向けています。

ですが、昔なら、ずっと隠しとおせたことが、今の時代は
インターネット、ツイッター、YouTube等の普及で、
アッという間に、世界中に暴露されるようになったというのも
人類が目覚めるための、タイミングということなのでしょう。

そして、今までのように、政治家にお任せでは、
地球と人類が大変なことになる、もう待ったなしの状況にまで
追い込まれていますから、今後は、いよいよ本格的に
国民ひとりひとりが、行動を移すようになってくると思います。

花音は、せいぜい、ブログに記事を書くくらいしかできませんが
それでも、何もしないよりは、少しでも貢献できると信じています。
たとえ変人と思われても、全然問題ありません^^
誰かの機嫌を取るために書いているわけではないし、
人と同じということが正しいわけでもないと思っていますから。
かといって、わたしが書くことが正しいとも限りませんから、
とにかく、自分自身で判断出来る力を養うことが急務だと思います。

判断基準は、その行動の動機が、「愛」 なのか 「エゴ」なのか。
目先の利益や便利さのためか、それとも、自分は損をしても
将来の子供たちのため、地球の未来のため、、なのか。


最近、鈴木啓介さんの本を数冊読みましたが、
とても示唆に富んだ、素晴らしい内容で、役立つ内容でした。

スピリチュアルにどっぷりな状態になってくると、
様々なあやしい情報に振り回されがちになるのですが、
その情報が、高次元のものからなのか、低次元のものからなのか
その判断基準がありますので、参考にされてください。

高次元の鉄則は、「人を導くには、“愛”しか使わない」
なので、
行動やメッセージ内容の根底に、愛が感じられるかどうか。
宇宙はあくまで自己の判断に委ねるので強制はしない。
脅したり、バチが当たるということも、有り得ない。
不安、恐れ、虚栄心、他者との比較、物欲、強制、限定などの
ネガティブなものを使うことはない。
「○○までに○○をしないと大変なことになる」とか、
「あなたは特別に選ばれた人です」などは低次元のものなので、、
このようなメッセージがおろされたら、無視する。

そういえば、ヘミシンクで、「遺影を守れ」とうメッセージが
あったけれど、あれも低級霊っぽいな。。
世一英仁さんに関しては、その後、展開がありました。
来年は、もっとしっかりメッセージを受け取れるよう、精進します♪


何よりも、自分自身の行動も、常にチェックを入れないと
どうしても、エゴが混じって、その隙間から闇が入り込んで
道から逸れてしまうので、本当に細心の注意が必要だと
あらためて痛感しています。

もし興味のある方は、鈴木啓介さんの本を、読んでみて下さい。



アメリカで同時多発テロ(9.11)が起こった時
ジョンレノンの 「イマジン」 を流すことが各放送局で自主規制
されたそうです。

世界平和を願い、長い歴史争いを続けるユダヤ教徒とイスラム教徒の
人気歌手が、ジョン・レノンの「イマジン」をヘブライ語、アラブ語、
そして英語で歌っています。


http://youtu.be/Y1i5YulYEt8

この曲を、444Hzで聴かされたら、誰もが目覚めてしまいますから
ジョンレノンが闇の勢力に暗殺されたというのも納得です。。


まぁ、、なんだかんだと偉そうなことを書いても、、、
花音は、基本的に、チョーお気楽人間でなので^^;
来年も、また、ワクワク楽しみながらブログを書いたり、
とにかく、過去の思いに囚われず、心を開いて
自由に生きて行きたいと思っています。

来年も、よろしかったら、またお付き合い頂けたら嬉しいです。

皆さまにとって、2013年が素晴らしい年になりますように。

今年1年、本当にありがとうございました。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

ド胆を抜かれた超弩級の情報

いつも言うことですが、すべての情報は、鵜呑みにせずに、
必ずご自分で検証してくださいね。
花音の書くことも、信じる必要は、まったくありませんので。

このブログは、花音が好き勝手に、日々思ったことなどを
書いているだけですから、真実を書いているとは限りませんので
そこのところを、くれぐれもご理解ください。


ということで、、、

リサのワークのときも、参加者の方たちが、
どうやらチャネラーさんたちは、絶対に口に出さない
重大な秘密があるらしい、、、と言っていましたが、、

やっとそれが、何なのか、解明しました。

どこに書いてあったのか思い出せないのですが、
地球は、滅亡したあとも、1000年くらいはその残像が残る
ということが書かれたいた気がするのですが、

実は、、
もう、すでに、
ここは、地球滅亡後の、残像の世界とのことです。


よく、自分が死んだことに気づかずに、彷徨い続けている霊が
たくさんいるという話は聞きますが、
自分だけは、気づかないはずはない、という保証はどこにないですよね。

一瞬で死んでしまって、生前と何も変わらない世界に移った場合
死んだなんて、やっぱり気づかないだろうと思います。

日月神示には次のようなことも書かれています。
------------------------------
地上に於ける総ては、そのままにして生前なるが故に、
生前の世界にも、家あり、土地あり、山あり、川あり、
親あり、子あり、夫婦あり、兄弟姉妹あり、友人あり、
また衣類あり、食物あり、地上そのままの生活がある。
------------------------------


地球が滅亡したのは、去年の7月1日だそうです。

詳しくは下記のマサトさんのの記事をご覧下さい。
http://ameblo.jp/masato356/entry-11434159255.html

それに関する、日月神示ブログの方の解説です。
http://blogs.yahoo.co.jp/jun_sanchang/39675575.html


言われてみれば、たしかに、去年の7月からのわたしの流れは
普通じゃなかったな、、突然、世界が変わったような部分もあり、
ブロック開放ワークのおかげだと思っていたけれど、
それだけじゃなかったのか、、、という気がしています。

それにしても、死後の世界にも病気も病院もあり、
葬式まであるのには驚きますね。
それに、死んだら、その人の一番いい年齢になるはずだから
20代後半くらいに若返るはずなのに、ここ1年、
多少は若返った気がするけど、まだ20代には全然なってないし、、
でも、だからといって、生きてるっていう証拠もないわけで。


死んだということは、次元上昇(アセンション)したという
ことでもあるわけで、善くも悪くも願望の現実化が早まって
いるというのはあると思います。

そして、今まで以上に、自分の波動に合う人と、合わない人が
ハッキリして、合う人が周りに増え、逆に、合わない人とは
接触が少なくなってきているようです。


そして、もう一つ、12月12日からは、
自分の世界を、自分でコントロール出来るようになったそうです。

マサトさんの記事に、下記のように書かれていました。
------------------------------
「望むこと望まないことのコントロール」
とは潜在意識のコントロールのことで
我々はよく目標を取り違えます。
夢や幸福や健康の実現を願いながらも
無意識に苦労や七難八苦を望んだり
引き寄せるという事をついやって
しまうのです。

2012年12月12日はそうした我々の
闇や影を操っていた、心の深層に潜む
レプティリアンからの支配を取り戻した
日であるらしいのです。

今まで我々の主人は我々自身では
なかったのです。

「全ての人に望む現実が訪れる」
ということは夢の実現達成が容易で
早くなったということです。

しかしこれまでのように無意識に、望まない
ことを夢見ると不幸の実現もまた早いという
ことになります。
------------------------------

詳しく知りたい方は下記をご覧下さい。
http://ameblo.jp/masato356/entry-11436254670.html


奇しくも花音が、音源データ作成宣言をしたのが13日でした。

やはり、これからは、今まで以上に、
自分の中の「エゴ」ではなく「光」がワクワクすること、
宇宙の意図に反しないこと、
思いやりの愛と謙虚さ、感謝の気持ちを忘れず、
直感に従って行動していくことが重要になってくると思います。

日月神示ブログには下記のように書かれていましたが
まさに、そのとおりだと思いました。
------------------------------
身魂を据える位置を自分自身で決められるのだとすれば、
より高い位置を目指し、 イマイマに気を入れ、意識レベルや波動、
そして判断力を高められるよう努めていきたいものです。
------------------------------



それにして、こんなに楽に死なせてもらったことは
ありがたい限りですが、来年あたりは、まだまだ大変な
追体験が待っているのかもしれません。



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

逆さまから学ぶ

クリスマスイブに、Eさんから、ミニシクラメンと
ドイツのクリスマス菓子シュトーレンを贈っていただきました☆
ありがとうございます(*^^*)

お花ですから、横倒し厳禁の貼り紙のある、大きな箱に詰められ
大切に届けられました♪
SH3E0471.jpg

でも、その日の朝は、マイナス10度の冷え込みだったので
かなり不安、、、、おそらくお花さんは凍っているに違いない、、、

開けてみたら、やっぱり、、、凍っていました。。。(>_<)

で、、凍っていたのは、わかるんですが、、、、

???
SH3E04720001.jpg

2鉢セットのうち、1鉢が、、、、

もしかして、、、真っ逆さま?!Σ(゚д゚lll)

なぜ!? こんなことに・・・ ><;

せっかく贈ってくださったEさんの気持ちを台無しにするような
このありえない状況にショックを受け、
よっぽど宅配便のサービスセンターにクレームを入れようかと
思ったのですが、、

でも、シクラメンは、葉の方はピンピンしていたので
次々、新しい蕾があがってきて、大丈夫だと思われ、

SH3E04740001.jpg

それよりも、何よりも、お花が真っ逆さまで届くという
驚きの現象は、きっと、わたしへのメッセージに違いない、
と思って、よく考えてみました。

そうすると、思い当たる節が、、、、
ガイドさんからのメッセージにもあった、あのことだわ。。

「今、手元には、宝の種があるはずです。
 それは今の視点では見つからないものだから、
 別の視点から見てみてください。
 すると、思いがけない流れに入って行くことが出来ますよ。」

ということで、おそらく、別の視点から見ることの
重要性をあらわしているのだと感じました。


そして、今日撮影したお花さん、、
SH3E0478.jpg

きちんと上を向いていた赤い方は、冷気にさらされて全滅。。
逆に、逆さまに入ってきたピンクの方は、寒さから守られて
ほとんど元気なのです。

何が幸いするかわからないものですね。。


それにしても、別の視点って言われても、、、
何をどこから見たらいいのやら、、サッパリ見当がつかない。。。;;

1から10まで何でも過保護に教えたんじゃ、その人の成長の妨げに
なるから、ガイドさんは、ヒントしか与えてくれないのです。

そりゃそうですよね、、、
すっかり依存して、しまいには、晩御飯のメニューまで
ガイドに決めてもらおうとする人がいるらしいですから。。(-。 -; )

いずれにしても、
自分の中の「エゴ」ではなく「光」がワクワクすること、
宇宙の意図に反しないこと、
思いやりの愛と謙虚さ、感謝の気持ちを忘れず、
直感に従って行動していけば、道は拓けるように思います。


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

主よ人の望みの喜びよ/J.S.バッハ 脳波調整サウンド

【脳波調整サウンド 主よ人の望みの喜びよ/J.S.バッハ】

音源は下記より、ご自由にダウンロードしてお聴きください。
※右クリック(Macの場合は長押し)で「対象をファイルに保存」を選択して下さい。
   ↓  ↓  ↓
脳波調整サウンド 主よ人の望みの喜びよ/J.S.バッハ

YouTube 主よ、人の望みの喜びよ/J.S.バッハ  Photo by 花音

http://youtu.be/C9oPLiTDW4Q

♪---*---♪---*---♪

「主よ、人の望みの喜びよ」は、ドイツの作曲家J.S.バッハが作曲した
教会カンタータ第147番「口と心と行いと生きざまもて」全10曲の、
第一部と第二部の最後をしめくくるコラール(賛美歌)合唱曲です。

1723年にイギリスの女流ピアニスト、マイラ・ヘスによって、
「主よ、人の望みの喜びよ」というタイトルのピアノ独奏曲に編曲されて有名になり、
その後、声楽なしのオーケストラ単独での演奏もされるようになりました。

カンタータとは、一般にはオーケストラ伴奏付きの声楽曲を指し、
1曲のカンタータは独唱曲(アリア)、重唱曲、合唱曲等の複数の楽曲から構成され、
宗教(キリスト教)的な題材を扱ったカンタータを「教会カンタータ」と呼び、
特に物語性の強いものは「オラトリオ」と呼ばれます。

人々の心に平和と安らぎを与えてくれる美しい旋律は、
ひとつの旋律の陰に別の旋律が動いていく、ポリフォニーという手法で
書かれています。


パッヘルベルのカノンでハートチャクラを開き、昂ぶった心を
このバッハでは、クールダウンし、心安らかに眠りにつける
オルゴール風のサウンドとなっています♪

444Hzのピッチで、真ん中4Hz、左が5Hz、右が3Hz、
0.5Hzの揺らぎ等も加え、シータ波からデルタ波の
深い眠りを誘導する周波数となっています。


カノンで号泣したと書きましたが、ハートチャクラが開くときは、
必ず、誰でも、大泣きするそうです。
その大泣きの原因はさまざまで、
ある人は、人への思いやりを魂の深いレベルで感じて大泣きをしたり、
またある人は、過去の辛い生涯を追体験し、悲しみを爆発させて泣いたり、
また、自分が宇宙からこの地球へ降り立って、独りぼっちだったことを
思い出して大泣きする人も増えているそうです。

大泣きを通じて、その人のハートに詰まったブロックが解放されていく
ということのようです。


ハートチャクラを開くというのは、どういうことかというと、
「受け入れる」ということです。
物事を「正しい」とか「間違っている」と判断するのではなく
ネガティブなものも含め、自他のすべてを無条件に受け入れ
愛し、思いやるということです。

ヘミシンクでは、自己の内面や宇宙の探索、ガイドからの
メッセージなどを受け取ることができますが、そこから学び、
向上できるかどうかは、その人の器次第という側面がありますが、
真の目覚めのために何よりも大切なのは、ハートを開くことであり、
それによって、深い思いやりの心が生まれ、魂の向上に繋がります。

ピタゴラスの言葉に、「音楽は魂を調律する」というものがあり、
音楽というものは、魂の成長にとって言葉を遥かに超える力を
備えているものであり、魂の教育期には、高次元から、音楽による
アップローチが頻繁に行われることがあるようです。

♪---*---♪---*---♪


テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

tag : 主よ人の望みの喜びよ バッハ 脳波調整サウンド 444Hz オルゴール

目にうつるすべてのことはメッセージ

21日の瞑想結果ですが、、、
このところ、ずっと花音のイライラ感を高ぶらせていた
我が家のじーちゃん(花音の父)が、、、、
またしても、やってくれました。。。
もう、キレる気力もありませぬ。。。。。(-_-;)

いつも、ことあるごとに何かとやらかしてくれるけど、
生きててくれるだけでありがたいと思って
感謝の気持ちを忘れないようにしていたけれど、、、
このところ、日々鬱積していたものが、急に我慢できなく
なってきて、、、
おそらく地球の波動がアップしているため、浄化されている
影響だと思うんですが、、、

そう、、なぜか、いつも、いつも、、、
花音がヘミシンクをやろうと、2階の部屋にこもり、
そろそろイイ感じになってくるタイミングを見計らって?
普段はずーっと1階にいる、じーちゃんが、
2階にドタドタ上がってきては、ガタゴト物音を立てまくり、
アッという間にC1(日常の意識状態)に引き戻してくれるんですよ。
そして、ヘミシンクが終わると同時に、1階に降りるんですよ。。

毎度毎度のことなので、階段に「進入禁止!静かに!」の張り紙と
クッションなど障害物を置いて、、これで安心♪
と思ったのに、、、、

まさかの坂で、、、、
障害物を乗り越えて上がってきたーーー( ̄□ ̄;)!!
そして、例によって、隣の部屋でガタゴトガタゴト、、、、
で、花音はついにキレたってわけです。。。

花 「なんで、進入禁止って書いてあるのに上がってくるんよっ!」
じ 「どうしても、今、日記を書きたいんだ!」
花 「1日24時間、たっぷり時間あるのに、なぜいつも私の時間にあわせるんよ!」
じ 「2階にいるって知らなかったし、その時間に日記が書きたくなるんだ!」
花 「これからは、1階で書いてちょうだい!」
じ 「1階じゃ書けないんだ!」
花 「なら、たった30分くらい、協力できんのかい!」
じ 「自分のウチで自由にして何が悪い!」
と、、決して譲らず。。

それでも、それなりに反省したらしく、
障害物と貼り紙があるときは上がって来なくなったので
花音はつい、油断をしていました。。

21日の20時11分から8分間。
直前まで出来たてのカノンを聴いていたので
ギリギリに急いで2階にあがり、深呼吸をしたら
すぐに、もの凄い勢いでモヤが次々に形を変えて見えてきて、
おぉ~!これは凄いものが見えるかも!!

と思った瞬間に、、、、、
よっぱらいじーちゃんが、おっきなゲップをしながら
2階に上がってきたーーーーー!!!Σ(゚д゚lll)

それでも、気を取り直して、気持ちを集中したら、、
今度は、地球が見えてきた!!
と思ったら、、、またガタゴト。。。
自分の寝息がイイ感じぃ~、、、、
と思ったら、、、またガタゴト。。。

もぉ~~~~~!!!
2万6千年に1回のチャンスが。。。
il||li _| ̄|○ il||li

しかし、なぜ、いつも、わたしの邪魔をするんだろう、、
と、あらためて考えてみた。

テレビの嫌なニュースを大音量でかけっぱなしにして、
わたしの波動を下げてくれて、こっちがさんざん我慢して、
ふと見たら、当の本人はテレビをBGMにして、ぐっすりお休み
というのも、いつものことだし、、、

そうだ! ぜったい、そうだ!
ヤツは、、、、、
花音のアセンションを阻む、闇の勢力の回し者に違いない!!

、、、、、という結論に達しました。。。(;-ω-)y─┛~~~~~


ま、、、冗談ですが。。


それにしても、そんなことでも、
今までは、思いっきりキレるということはなかったのすが、
これだけ自分の感情を表に出すというのも、やはり浄化かな
と思ったりしていたわけですが、、、

カノンを聴くと、どうも胸がウズウズするな~と思いつつ、
昨日は、ずっとエンドレスで聴きながら、
過去に撮りためていた写真を確認しながらバックアップを取っていたら、
ますます切なさが高まり、、、
そして、夜に読んだ本が、極めつけでした。

どうも私に向けて書かれてあるとしか思えない内容だなぁ~
と思いながら読んでいたけれど、最後のところは、
どう考えても、絶対に、やっぱり、わたしへのメッセージだ、、、
と確信しました。。

わたしの心の蓋を、無理やりこじ開けて、忘れていたはずの
悲しみを引っ張り出してくれ、それと同時に、宇宙の愛の深さ
までも、気づかせてくれました。


宇宙(ハイアーセルフ?)は、試練を与えると同時に
それを乗り越えるための手段も、一緒に与えてくれている
ということに、はじめて気がついたんです。
気づいたというより、その本に、ハッキリと書かれていました。

わたしは今まで、音楽に救われていたけれど、
これは、最初から試練を乗り越えるために、与えられていたんです。

そして、過去の悲しみは、もうとっくに時間が解決してくれて
昇華しているとばかり思っていたのに、まったく癒されていなかった
ということに気づいたんです。

まるの日さん経由の、わたしのガイドからのメッセージをはじめ
このところ「自分を癒しなさい」という言葉が、あちこちで目について
いましたが、、、
自分は、何も悩みもないし恐怖もないし、一体、何も癒すんだろう?
くらいに思っていたけれど、やはり強烈なものが残っていました。

強烈な自責の念・・・
「こんなことになるなら、どうしてもっと大切にしなかったんだろう・・・」
という、取り返しのつかない深い悲しみ、、2度ほどありましたが、
まだ、学びが足りないというか、、どうしても、なくしてから気づく
というパターンから、なかなか抜け出せないんですよね。。。

今となっては、もう、どうしようもない、その思いが、
当時のまま鮮明に蘇り、、、号泣しつつ、、、
一方では、冷静に、
試練と音楽を同時に与えてくれた、宇宙の愛の深さって凄い!
と感動していました。。。


そして、気づくために、何度も何度も、わたしの前に
メッセージを与えてくれていたんですよね。
それに、さっぱり気つかないものだから、いよいよ業を煮やして
直接的にハッキリ、本の文章という形で伝えて来てくれたようです。

その本の最後には、こう書いてありました。
----------------
自分で自分を見捨てる人間など決していない。
顕在意識のあなたが自分を見捨てることがあっても、
ハイアーセルフは決してあなたを見捨てない。

「至上の愛」は常に我々と共にある。

このとてつもなく深い愛を我々は感じなくてはいけない。
そして実践しなければ生きている意味がないのだ。
----------------


ユーミンの『やさしさに包まれたなら』という歌に出てくる
「目にうつるすべてのことはメッセージ」
というのは、もしかしたら、こういうシンクロのこと
なんじゃないかな?と、ふと気づいて、歌詞を確認してみたら、
まるで、覚醒の歌ですね。(※元の歌詞は検索してください)

以下は、花音が勝手に歌詞を解釈してみました。
------
小さい頃は宇宙の神と繋がっていたから
不思議なことに、夢は何でも叶った

宇宙の愛に包まれて覚醒したら
大人になっても奇跡は起こるよ

心のカーテンを開いて、愛の光に包まれたなら
すべての出来事は高次元からのメッセージ

小さな頃は宇宙の愛と繋がっていた
そのことを心の奥にしまって忘れていたけど
その大切な箱を開いて、
宇宙の愛と繋がっていることを思い出すのは 今・・・
--------------

荒井由実時代のユーミンの歌って、
どれも、とっても好きだったんですよね~♪
あー、、年代が、、、古いね。。。

ともあれ、ハートチャクラが開くときは、
誰でも必ず号泣するということのようです。
ハートチャクラが開く 関連記事


テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体



花音サウンド
YouTube 花音チャンネル

花音CD・mp3 ご注文

波動増幅プレート

シューマン波発振器・ソルフェジオ周波数発生器は 現在販売しておりません。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

花音のお気に入り☆
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

スポンサードリンク  


ネイチャーズデザイン ミソス・ゴールデン・グラス(250ml)

黄金比のボディ、底面にフラワーオブライフのシンボル、24金のゴールドを使用。2〜3分で高レベルの活性水、高波動の水に。

★☆ おすすめ書籍 ☆★


借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ [ 小池浩 ]

即実践したくなる!楽しさ満載♪


「人生を変える波動の法則」
(ペニー・ピアス著)

変容の時代の生き方がわかる!


 
宇宙の基本法は「愛」です


神との対話 宇宙をみつける自分をみつける (ニール・ドナルド・ウォルシュ著)

人生に苦悩しているすべての人へ。自分は無限の存在だったということを思い出せます。


「聖なる予言」
(ジェームズ・レッドフィールド著)

覚醒に至る9つの知恵を冒険小説風に書いてあり、実践ガイドと合わせて何度も読みたい本。
ただし、読む人のタイミングによってはつまらなく感じるかも。


はじめてのブロック解放CDブック
(鈴木啓介著)

ブロック解放のメソッドを自分ひとりでも無理なく実践できる瞑想CD付き


「魂が喜ぶ生き方」(佐藤友美著)

愛・感情・ソウルメイト
宇宙の法則がわかれば、人生は劇的にうまくいく。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

花音♪

Author:花音♪
詳しいプロフィール

アニメのBGM